東海道を歩く | 高麗山を発見! | 藤沢~大磯

江戸時代は遠い昔のことに思えます。でも、山の形はたかだか数百年では変わりません。平塚宿の高麗山(こまやま)は、広重の浮世絵で見たままの形をしていました。

藤沢宿

遊行寺橋から歩くため、藤沢駅で下車します。

一日歩くと交通費が片道500円ずつ高くなっていきます。それだけ家から遠ざかりつつあるということですし、着実に京都に近づいているということです。

伊勢山橋

伊勢山橋

伊勢山橋で小田急江ノ島線を越えます。下に見えるのは藤沢本町駅です。踏切ではないので、線路を通すために掘り下げたということですね。騒音対策でしょうか。

松並木

松並木

引地川を渡ったあたりから、松並木が姿を見せ始めました。いかにも街道っぽいです。

辻堂一里塚跡

辻堂一里塚跡

辻堂の一里塚(13里)跡を発見!道の向こう側ででしたが、写真は撮れました。

平塚宿

茅ヶ崎一里塚

茅ヶ崎一里塚

続いて、茅ヶ崎の一里塚(14里)を発見。駅近くでありながら塚が残されていて、落ち着いた場所でした。

南湖の左富士之碑

南湖の左富士之碑

南湖の左富士ポイントに来ました。でも、うっすらとガスがかかっていて、残念ながら富士山は見えませんでした。

国指定史跡旧相模川橋脚

国指定史跡旧相模川橋脚

小出川のほとりに、国の指定史跡である旧相模川の橋脚がありました。昔は小出川付近に相模川の本流が流れていたようです。

馬入橋

馬入橋

橋脚の史跡から1.5km西側に現在の相模川があります。相模川は、馬入川(ばにゅうがわ)とも呼ばれており、この橋の名前は馬入橋です。

東海道中膝栗毛では、馬入川を渡しで渡ったことが書いてあり、さらに、この川が甲斐の猿橋から流れてきていることも書いてあります。

平塚宿の江戸見附

平塚宿の江戸見附

閑散とした平塚駅の商店街を過ぎたところに、平塚宿の江戸見附がありました。見附とは、「城門」のことで、防御施設だったそうです。でも、こんな小さな石垣で、どの程度の防御性能が発揮されていたのでしょうか?

高麗山

高麗山

平塚の最後あたりで、高麗山を発見!広重の描いた高麗山のイメージそのままで、150年以上前の人である広重が急に身近に思えました。

大磯宿

化粧坂の一里塚

化粧坂の一里塚

化粧(けわい)坂の一里塚(16里)を発見!実物は残っていません。しかし、多色刷りの看板が立っていて、観光に力を入れていることが伝わってきます。

東海道本線をくぐる地下道

東海道本線をくぐる地下道

大磯駅の手前800mくらいの場所で、東海道本線をくぐります。太い道や線路を通さざるをえなかったとしても、昔ながらの東海道は尊重されているようで、大抵はこのような地下道か跨線橋が作られているようです。

鴫立庵

鴫立庵

鴫立庵(しぎたつあん)です。西行の「心なき 身にもあはれは しられけり 鴫たつ沢の 秋の夕暮」にちなんで建てられたとのこと。いかにも風流なところでした。

伊藤博文の旧居

伊藤博文の旧居

伊藤博文の旧居前を通ります。中華料理屋だった時もあったとのことですが、現在は何の営業もされていないようです。諸行無常ですね。

国府本郷一里塚跡

国府本郷一里塚跡

国府本郷の一里塚(17里)の跡は道に埋め込まれていました。

夕暮れも迫ってきましたので、3日目は二宮までとしました。この日も足がパンパンになりました。

散歩データ

コース:JR東海道線 藤沢駅 → 藤沢宿 → 平塚宿 → 大磯宿 → JR東海道線 二宮駅
距離:23.4km
時間:6h44m

タイトルとURLをコピーしました