環状六号線を歩く | 大鳥神社で切支丹灯篭や神楽殿を発見! | 中目黒~西五反田一丁目

大鳥神社の由緒は興味深かったです。切支丹灯篭や神楽殿もありました。

トランスパンテのパンが美味しかった!

中目黒の東横線のホームから見た環状六号線

中目黒の東横線のホームから見た環状六号線

中目黒の東横線のホームから南東に向かう環状六号線(山手通り)を眺めます。今からここを歩きます。

トランスパンテ

トランスパンテ

歩きだす前に、何となくお腹が減っていたので、腹ごしらえをしてから歩くことにしました。

トランスパンテという美味しそうなパン屋さんがあったので、ここでパンを買うことにしました。
店内はあまり広くはありませんでしたが、沢山の人で混んでいました。直線状のカウンタに置かれたパンを行列に並んで少しずつ進みながら買うスタイルでした。

目黒川船入場

目黒川船入場

少し歩いたら目黒川船入場の広場があったので、ここで座ってパンを食べることにしました。

トランスパンテのパン

トランスパンテのパン

買ったパンは3つ。僕は堅いフランスパンが好きなんです。
右のチーズのパン1つで止めておこうと思いましたが、止められず、結局3つ食べてしまいました。

昔、自分でパンを焼いたことが2、3回あるんですが、フランスパンを作るのはあまり難しくありません。普通に焼くと硬くなるので、柔らかいパンを作る方が余程難しかったです。ただ、比較的簡単なだけに(?)素材の良し悪しが味に直結します。トランスパンテさんのパンは美味しかったです。

大鳥神社は見どころいっぱい

大鳥神社

大鳥神社

大鳥神社を発見!

20年くらい前に、目黒駅から寄生虫館に行ったときに脇を通り、大きな神社があることが気になっていました。ようやくお参りする機会を得ました。

主祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)。
相殿神(あいどののかみ)は、国常立尊(くにのとこたちのみこと)と弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)です。
国常立尊は日本書紀において、最初に登場する神様です。もともと、この場所には国常立尊が祀られていて、そこに日本武尊が東国の蝦夷(えみし)の平定祈願に立ち寄られたという、由緒ある神社です。
弟橘媛命は、国常立尊のお妃です。

日本武尊は、蝦夷を討った後、能褒野(のぼの、三重県亀山市)で薨(こう)ぜられ(亡くなられ)、その霊(みたま)は白鳥となりました。このため、日本武尊は鳥明神と呼ばれるようになりました。さらに、その白鳥がこの地にあらわれたことから、この神社が大鳥神社になりました。

切支丹灯篭とオオアカガシの碑

切支丹灯篭とオオアカガシの碑

切支丹灯篭とオオアカガシの碑もありました。

切支丹灯篭は、この地にあった備前島原藩松平主殿守(まつだいらとものかみ)の下屋敷に祀られていたそうです。でも、切支丹に関連するような特徴は見出せませんでした。そもそもキリスト教は偶像崇拝しちゃだめなのではないのでしょうか?

オオアカガシは、この地に生育していた変種だそうで、平成14年に枯れてしまいました。しかし、その枝葉はタイプ標本として国立科学博物館筑波実験植物園に保存されているとのことです。
タイプ標本とは、学名を付ける際の標本です。
タイプ標本のうち、最も基準となる標本をホロタイプと言います。説明板にはタイプ標本としか書かれていなかったので、オオアカガシは、他の地でも生育していて、そちらから採られた標本がホロタイプになっていると想像されます。

大鳥神社の神楽殿

大鳥神社の神楽殿

神楽殿も立派でした。

環状六号線の街路築造工事

環状六号線の街路築造工事

この工事は街路築造工事と表示されていました。もう、道は既にあるのに築造とはどういう意味でしょう?歩道拡張工事のことでしょうか?

目黒不動尊は初詣の準備がなされていました

目黒不動尊 龍泉寺

目黒不動尊 龍泉寺

目黒と言えば、お不動さんが有名です。なかなか来る機会が無いので、ちょっと足を延ばしてみました。

目黒不動尊本殿

目黒不動尊本殿

すでに、初詣に向けて、「のぼり」や「くだり」の表示が取り付けられています。

青木昆陽の像とサツマイモ畑

青木昆陽の像とサツマイモ畑

甘藷先生で知られる青木昆陽のゆかりの地でもあるようで、像とサツマイモ畑がありました。

西五反田一丁目交差点

西五反田一丁目交差点

国道一号線と交差する西五反田一丁目の交差点から五反田駅に行けるようなので、今日の散歩はここまでとしました。

五反田駅

五反田駅

五反田駅です。
もう少し、配色を工夫して駅名を目立たせても良いと思うのは僕だけでしょうか。

散歩データ

コース:東急東横線 中目黒駅 → 環状六号線(中目黒~西五反田一丁目)→ JR山手線 五反田駅
距離:6.4km
時間:1h53m

タイトルとURLをコピーしました